バ ッ チ フ ラ ワ ー エ ッ セ ン ス  「えめらんど」 オーナー 松井みどり
植物のエネルギーでポジティブに
【え め ら ん ど】 とは、

誰もが持っている心の奥の宝石エメラルド
ハートで眠っているあなたの可能性いっぱいの緑の原石が、輝きを増しますように!
そして、心から笑える笑めランド(島)の意味も込めての…

「えめらんど」です。

現代社会は、複雑で時間に追われているよう…
時代は益々便利になっても、うつや孤独死、虐待も増えています。

私たちの周りの環境も日々変化し続け、
人生の中で大なり小なりのライフイベントに遭遇するとき、
豊かな感情を持つ人間にとって、
様々なストレスが無くなることはありません。

ですから、ストレスで体調を崩す前に
自分の心を知り自分の中でバランスをとることが大事です。

バッチフラワーは副作用や禁忌がないのが魅力です。
ストレスや緊張を感じた時、あるいは感じる前に予防として飲めるから、
自分本来の魅力や実力を発揮できるのです。

是非、植物の優しく力強い生命力を受け取って
自分自身の心をを大事にセルフケアしましょう。

イギリスの家庭のように一家に一箱お勧めしたい、
本当に大自然の智慧が詰まった奥の深いセラピーと思っております。

誰でもない、自分自身がまず癒されてください!
それが周りに波及するのですから。
☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪
☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪

限定販売。売り切れの際はご容赦ください。
_____________________________________________________________________________________________________________

 和製フラワーエッセンス 飲むお守り 【 開運 (蓮の花) 】 
                              【 縁結び (菊)) 】
http://emeland.ocnk.net/product/160
http://emeland.ocnk.net/product/169

 蓮の花は、泥から栄養分を吸い上げ、美しい顔を出す浄化作用もあり、
 他のお守りの運気も上げるお守りで、お勧め!!です。

 縁結びは、男女の中だけでなく、他とのご縁もつなぎます。
 プレゼントにも。

 金運と開運、又は金運と縁結びの2本セットで、より金運upはいかがでしょう。
http://emeland.ocnk.net/product/88

 不思議と金運や良いご縁が手に入るとの声が多々あり人気です。
私も飲んでいると不思議と臨時収入がよく入ります。
 普段当たらないものが、当たった!なども。

 
http://ameblo.jp/doriame/entry-11927188323.html


☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪
☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪☆♪★♪



■私の場合:

自然療法からの繋がりでバッチフラワーエッセンスにたどりつきましたが、
気になる!
興味が湧いた!時が、始める時期・チャンス、
これは人それぞれですね。

私も「今気になる」、そのタイミングでバッチフラワーにはまりました。
なぜ惹かれたのか…きっと科学的・物質的なものを求め続けていた、
そこに目に見えないものが現れ、違う視点に興味が湧いたからかもしれません。

しかもすごくシンプル!禁忌などがなく、自分を知って飲むだけ!
ズボラな自分に合っているんじゃない?(笑)

しかしそれまで自分の心を顧みなかったので、最初は良く分からない。
その分からない自分を知るのって、奥が深い!面白い!

しかもバッチ博士の理念は、自然界や魂の目的を説いている。
愛にあふれている。
奥が深い学びなのです。

そして、どの自然療法にもこの心のケアを組み合わせることができるのも魅力でした。
新しいものを学ぶと、前に学んだことを忘れてしまう私ですが(笑)

バッチフラワーを飲むことで、学んだこと全てが繋がっていると知り、
自分を分かってあげて癒すほど、人にも優しくなれるのです。

例えば、

体がきつかった時は周りに感謝できなかった自分が、今では感謝しています。
心からの自然な笑顔が出るようになりました。

石橋をたたいて渡らないタイプの私が、気がつくと行動していました。

人間関係がこじれていた時も絡んだ糸が解け、信頼が増しました。

コミュニケーションを難しく感じていた自分が、皆さんに伝えたいと思うようになりました。


たとえ時代は変わっても、ストレス社会は変わらないでしょう。
心を置き去りにしがちな、忙しい現代人。
生涯に渡って、時代も超えて、
安心安全、シンプルな心のケアは心のお守りになり得ます。

お薬を減らすためにも、心の健康を予防し、自然治癒力を維持しましょう。
本当に心が病んでいると体にすごくこたえます。
病気の原因になるとバッチ博士は言います。

人生の節目節目には、誰でもが何かしら心の問題を抱えて乗り越えていきます。
前に進めないこと、壁は、
子供の頃からの積み重ねた深いところのネガティブが顔を出しているのかもしれません。

エッセンスの植物の本質は、あなたの本質(宝)を目覚めさせます。
でも決してあなたを無理強いしない、優しくその人にとって変化できる分だけ作用します。

気づいていた感情、気づいていなかったけど現れた感情に、
それも自分だと丸ごと受け入れた分、本来の楽で自分の向いたい場所に自然に戻っていくんですね。

●バッチ博士の言葉より)

「私達は皆、癒し手なのです。なぜなら、私達すべてが、その心の中に、何かに対する愛を持っているから。そして、誰もがその愛を守り、更に高めてゆくことを願っています。」

ホームWhat's New
What's New
What's New:69
2013年09月07日

今日発売の30代女性誌「In Red」
30代?私にはむか~しの事ですが~
30代の気持ちになって買ってみました。
30代女子のストレスケアが載っていると聞いて…

あ!ありました!
「レスキューレメディは欲ばり女子の味方!!」

モデルの道端カレンさんは、お仕事・子育てで忙しくて
イライラした時や、緊張するお仕事前には、
化粧ポーチから、レスキュースプレーを取り出して、
お口にシュー、シューとしているそうです。

そうですね…
お仕事もそう、家でも家事や育児に忙しい時期…
自分のペースに合わせてくれない周りや
子供にもイライラしてつい怒ってしまうし、待てなくて手を出してしまったり。
そんな後で、「言い過ぎた」「聞いてあげればよかった」と。
よくあることです。
そして、頑張っている自分を認めて欲しいし、聞いて欲しい。
そんな煮詰まった自分の感情をレスキューで上手に開放し癒せます。
穏やかにポジティブに向かいます。

あのセレブ、キャサリン妃も、結婚式での緊張をとくために使ったとか!

日常のストレスケアにも大活躍、レスキューグッズはこちら
 ↓
http://emeland.ocnk.net/product-list/2
2013年09月01日
9月10日から、毎週火曜日にメルマガ

「バッチフラワー 旅人の物語」を配信致します。

まずは10回シリーズから、配信致します。

ご興味のある方は是非「メルマガ登録」してくださいね。

もちろん無料です。
2013年08月29日
妊娠中のつわり、とても辛いものですよね。

そんな気持ち悪い時、口に含んでゆっくり舐められる、レスキューパステルがお勧めです!
妊婦さんでも安心な、薬効成分は入っていない、嫌な気分や緊張を癒して心をリラックスさせてくれる、ストレスケアキャンディです。

固めのグミキャンディで、味の好みもあるでしょうけど、
オレンジ味と黒スグリ味の2種類です。
    ↓
http://emeland.ocnk.net/product/95

昔のこと思い出したので、お勧めしてみました。
その頃はバッチフラワーレメディは知りませんでしたから、私自身はは使っていませんでした。

妊娠初期に試験を(英検)受けたのですが、もう気持ち悪くてそれどころではなく、試験中内緒でずっと口にキャンディを含ませていました。
そうすればなんとか我慢できました。
そんな時に試験を受けることに無理があったのですけど。

個人差が大きいところですが、
私の場合は、チーズ1カケと、ぶどう・グレープフルーツ、冷やし中華の麺、トマト・きゅうりを、どれか少しだけ食べられる日に食べる…これが妊娠6ヶ月まで続きました。
標準体重から5~6キロ痩せました。
それらの食材、小さいときから息子は大好きです。
その後は食欲挽回しすぎて太りすぎましたけど。

ご自分の食べられるものに、ストレスケアキャンディも使って、
乗り越えていって欲しいなと思います。

2013年08月23日
お茶会参加者の募集です!



【ランチ付 ご 縁 お 茶 会 】 


~~~ エゴギョウ(西洋のエゴグラム&東洋の陰陽五行)で自分を知ろう ~~~



「ご縁お茶会」は、少人数のお茶会でのご縁を大切に、

お一人でもお気軽に参加していただけるお茶会です。


... お互いに楽しくシェアして、何かを得ていただければ嬉しいです。



今回は、エゴギョウ(西洋のエゴグラムと、東洋の陰陽五行を統合したもの)

のチェックシートで自分の傾向を知って、

飲んで心を癒すセラピー バッチフラワーをお試しいただけます。


ゆったりランチ付で、最後に瞑想も考えていますよ。



忙しい日常生活を振り返って、

心が疲れているときは、そっと持ち上げられるような、

頑張りすぎている時は、ふっと力を抜けるような、

ホッとくつろぐ癒しの時間になればと思っております。



日時:  9月21日(土) 11 : 00 ~ 14: 00 


場所: 恵比寿カルフール(カフェ併設 10:00~17:00) Bルーム

    
住所:150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1
  恵比寿MFビル 地下1F
     
JR恵比寿駅 東口ロータリーより直進し右角、みずほ銀行向かい。
        
恵比寿MFビル地下1階。徒歩3分。
       

東京メトロ 恵比寿駅 1番出口より、徒歩5分。


   http://ebisu-carrefour.com/   恵比寿カルフール→検索


金額:  ¥3,000 (ランチ代込)     当日現金でお支払い願います。    

キャンセルポリシー:なるべく3日前までにご連絡下さい。
     
前日は半額、当日は全額のキャンセル料をいただきます。


主催:自然響和えめらんど 松井みどり
   

申込み: 1~7名様
     
     松井みどり emelandgreen@yahoo.co.jp
      
      
      ※メールアドレス&携帯電話番号をお願いします。



2013年08月12日
 ~~言霊入り、日本の神様、御守りエッセンス~~



恋愛運、金運、学業成就、健康運の各15ml 4本が、お盆明けの19日に入荷します。


こだわり抜いた素材で創られた和製レメディ。

日本人の深層心理に深く関わる、神聖な植物5種を使用。


媒体としての水の力、言霊の力を配分し、祝詞をあげて作っています。


熱狂的なファンがいるそうです。


欲しい方は、ショップ注文・お問い合わせ・ご連絡等を承ります。

emelandgreen@yahoo.co.jp


1本¥1,890 でお届け、合計金額¥5,000以上は送料無料です。






2013年08月08日
思わぬ体調を壊し、
バッチフラワーガイダンス当日(2013.8.5)、
ファシリテーターとしての10分スピーチはしませんでしたが、
封印していた過去のことを書く事で、押し込めていた古い感情に
私自身気がつきました。


スピーチでも、ブログでも、自分のことや特に家族のことを出すのは
苦手でしたが、
自分自身の過去の感情の開放のつもりで、ブログにも書くことにしました。

今日新月ですし、浄化のレメディ クラブアップルのティーを飲みながら…


もし、皆さんの中にある何かの思いに気づかれることがあれば幸いです。



では、8/5のテーマだった

「寂しさ・人に影響されやすい」  に沿ったお話をしたいと思います。





私は産後身体を壊して呼吸が苦しく、いよいよ歩けなくなった時、

実家で1年ほど寝ていました。


その時息子は2歳で、ちょうど外遊びをしたい盛りでした。

でも外には連れ出せないので、家の中での遊び、

特にお絵かきが好きでしたから裏紙に絵ばかり描いていました。



これは後で母から知らされたのですけど、私が病院に入院している間、

実家の襖2枚に、はみ出さんばかりに、

大きな私の寝ている姿を描いたということです。


まだ2歳で上手く伝えられない母への寂しさを、小さな紙ではなく、

襖いっぱいに表現してしまったのです。



これにはさすがに、おばあちゃんも、孫の精一杯の寂しい気持ちを

汲んで涙が出た、怒れなかったと言っていました。



見上げるほどでっかくなった息子は、なぜか今になって話を聞いてと、

雑学や専門の話でまとわりついてきます。

私も上の空の時も多いけど、

今はなるべく心を落ち着けて会話を楽しむようにしています。


忙しいと言ってばかりでは心を亡くすし、


早く病気を治したいとあせっては長引かせていた長い時期があって、

その頃の私は、こんなに具合が悪くて大変だったと、

夜中に帰ってくる主人に訴えれば訴えるほど、

逃げられ心が離れていくばかり、

話をじっくり聞いてくれる人がいない、

分かってもらえない強い孤独感、さびしさがありましたから。




そして、


子供の頃を振り返ってみると、

私本当は、もしかして相当寂しかったんじゃないのかなぁと、

今になって自分を受け容れています。


私は、子供の頃の記憶があまりありません。

忘れることで、子供の頃の心の傷から、自分を守ってきたのかもしれません。




少し思い出すとそれは、恐ろしくワンマンで暴力的な父と

葛藤している記憶ばかりです。


一番身近な親子という間柄での葛藤、切っても切れない縁があるので、

ずっと苦しかった。


毎日こわごわと父の顔色を見てはびくびくオドオド。言葉を言わない、

感情を動かさないように押し込め普段はポーカーフェイスでよそおい、

悔し涙以外の涙はでません。



小学校1年生から家に帰ると、ひどい頭痛でした。

ずっと頭がはちきれそうな状態と身体のこわばりで、

歯をくいしばっているような緊張感が続いた子供時代でした。



仕事に行けない父は、毎日のように些細なことにカッとして火がつく。

なんで怒鳴られるのかわからないまま、こっちも火がつくけど、

あふれないように我慢。


けれど時には私も爆発し、母や祖母の仲裁がいると確認した時には、

父の大きなトゲに、トゲで返しお互いグサグサ傷つけ、

エスカレートしていった。

母の仲裁がない時にも、暴力が飛び交っていました。


でも子供だから大人の暴力には必ず負けて、恐怖に身を引く、

でも恐怖がなくなるわけではないのです。



その繰返しが日常の、子供時代でした。


母は、フルタイムの仕事だったので、学校から帰っても家にはいなく、

私が物心ついたときから定年まで、時には夜も仕事していました。

ですから遊びに一緒に出かけた記憶はほとんどありません。


子供の私にとっては、仲裁してくれるはずの母はいつまで待っても、

なかなか帰ってこなかったのです。



家には居場所もなく、誰にも頼ってはいけない、

甘えてはいけない気持ちが常にあったからか、

子供の自分は寂しいとは気がつかなかったのです。


特に、嬉しいや楽しいとか好きとか、飛び上がって喜ぶような

子供らしい感情を素直に表わすことはできませんでしたし、

ずっと苦手でした。



渦中にいるとなかなか分からないものですが、きっと子供の自分は、

心の底で愛情が欲しくて、寂しかったのだろうと思います。


その頃の私は、父の顔色ばかり伺っていて、ずっと気がぬけない。

感情を麻痺させ、カラをますます厚くすることで、

子供の自分がそれ以上傷つかないようにしていたと思います。



私は一歩外に出ると、そんな家のことは一切言わない。

何もないふりをしている。

でも家で顔色ばかり伺っていたように、人の目ばかり気にして

自由にものを言えない。

自分から友達の輪に入れない、どうやって入れるのか分からないし、

楽しげなグループがうらやましかった。



スゴイ形相で睨まれていたことから、

人の目をまともに見ることができなくて、

自信がない自分を好きになれず、自己肯定感の低い子でした。

たとえほめられても否定するほど。



その頃から、自分の意見はないか通せない、

慎重すぎて物事が進まない、

コミュニケーションが苦手という意識をもちました。

そう思うと、ますますバリアをはってしまって、

人の輪に入りづらくなってしまうという悪循環です。



そこで、自分を無視して相手に合わせれば、協調性ができ、

コミュニケーションが取れると思い込んでいました。

家の中のような争いは、まっぴらごめんでしたから。


学生時代も、言われたことには従うけど、おとなしすぎて意見がない、

協調性はあるけど、優しくて怒ったことがないんじゃない、

などと言われたりしました。

でも変なプライドはあり、心の奥深くには何か熱いものがあり、

そんな風に言われるのにも、何か説明できない違和感がありました。



何年かたち、外では無理しながらも明るく振舞えるようになり、

部活や短大の友達に誘われてのグループ旅行で楽しめるようになり、

実家から独立して会社での新しい生活になじんでくるうちに、



バリアが少しづつ溶けてきて、

私の中での父に対する絶対許せなかった思いも徐々に薄れてきました。




父が亡くなる時、赤ちゃんと大荷物を抱えて駆けつけたときには

既に遅く、母から父の最期の言葉を聞きました。



最後は、私の名前を呼び続けていたと。

まだ温かい父の手を初めて握りながら、絶句しました。



その時、父の心を初めて知りました。


父の愛情は裏側に強く出ていたんだ。

父のピリピリした態度は、父自身を守るためだったんだ。


本当は孤独で寂しい人、我がままで怒鳴ることでしか、

愛情を表わせない人だったんだと。


そういえば「みどり」という、癒しの色で気に入っているこの名前は、

父がつけてくれたそうです。



最近、私の知らない顔の、父の写真を見ました。

母と映っているそれは、仲間と映っているそれは、

とてもとても穏やかで、ちょっとかっこつけて、

にこやかに笑っている、背の高い好青年。

友達の中でも一際目立つ、ハンサム。



えー! そんな笑顔知らなかった!

その優しい自然な笑顔を、私の脳裏に焼き付けました。



父は11人兄弟の末っ子。物心ついたときから両親はいなく、

やはり親からの愛を受け取れていなかったんですね。


小動物はかわいがったのですが、

人への愛の与え方が分からなかったのかもしれません。


そのうえ、病気して外で働けなくても、

上から目線で怒鳴って威厳を保たないと自分を守れない

と思ったのかも知れません。

そんな自分の弱さをお酒やギャンブルに変えてしまい、

ますます生活は成り立ちませんでした。


それがどんどん父の身体を蝕み、周りから避けられ、

自分のなりたくなかった孤独になっていったのです。


きっとお互いが寂しかったんです。

父も私も。そしてまだ子供だった息子も。




私はあまりにも激しかった父のことがあって、

今でも、時々自分を強く曲げるような強制的な場面に出会うと、

とても嫌悪感を覚えます。


姑にとっては何でもない一言が、私の気持ちをねじ曲げる

「するべき」「あるべき」「しないとだめだ」「あんたが変だ」

重く生真面目に受け取ってしまった私にとっては、言葉の連続攻撃で、

いちいち身体で覚えた昔の強い拒否反応が湧き上がり

押さえるのに苦労します。



そのストレスが膨れ上がったことも一因で、病気にもなりました。

自分の心と違うことをし続けていては、どこかで悲鳴を上げます。




でも、バッチフラワーエッセンスで、やっと気がつきました。

全て自分から、引き寄せていたことだったのです。


幼稚園や小学校で、息子が逃げ続ければ、

追いかけてくるいじめっ子グループが現れる。

私がそれを心配すればするほどです。


そして私の言動が、父の激しさを呼び込む。

私が自分を曲げて従うから、

怒鳴る人、強制する人が次々と自分にふりかかる。



いじめる人を探している、

合わせる人を探している、状態です。


誰にも感謝できない状態です。


そして自分を見失っている状態です。




過去のような無駄な怒鳴りあいにエネルギーを使い果たせば、

新しい未知の自分にエネルギーはまわってこない事が、分かりました。




私たち人間は5歳ぐらいから、大人と同じ複雑な感情をもちます。

恐れから始まった感情は、複雑に増えて、それが人間の素晴らしい特権でもあります。


そんな複雑な感情が渦巻いて、たくさんの人が絡んで、

一人の人生の歴史が創られるのだから、

色々な人との葛藤、自分との葛藤も貴重な学びなのだと思います。

葛藤があるからこそ、強くなれるのだと思います。



やっぱり誰でも一人では寂しすぎます。

周りに人がいてこその自分であって、成長につながります。




苦しかったマイナスを無視せずに受け止めると、

そこから根付いたプラスが広がります。

両方あって、全てはバランスだと思っています。


私は、陰があるからこそ光が、不協和音をも少し含む音が好きですし、

苦味も少しあったほうが美味しいと感じます。

素敵な香りの香水も、単体でかぐと嫌な香りが少しだけ含まれています。




家庭から社会に入っても、人に合わせてきた自分。

体裁や自分を守るための感情も時には必要だけれど、

バランス良く、個性も弱みも出した方が楽に生きることができる、

と知りました。



私のように、

はみ出ないで周りに合わせてきた、

親の影響を強く受けて自分の殻をまとってきた、

といった人も多いのではないかと思います。



特に、恥の文化といわれる日本では

農耕生活での集団から目立たないようにしてきた歴史もあります。

多民族国家のアメリカでは、目標を達成できないことのほうが

恥と思われているようです。



行動を促す言葉の違いにこんなものがあります。


ドイツ人には、「それをするのが規則ですよ。」と言い、

イタリア人は、「それをすると、もてますよ。」

アメリカ人は、「それをすれば、あなたはヒーローですよ」


そして、日本人は、なんでしょう?

「みんな、そうしていますよ」

だそうです。




しかし、人に影響されてばかりだと、自分を見失ってしまいます。

内面の豊かさは何でしょう?


顔色うかがってばかり恐れていては、

いつまでたっても心は開かれないし、愛も入ってこない。



地方の習慣など、合わせないと難しい場面もあるけど、

本当の自分を見失わないように、



心の声を聞いて、


自分のエネルギーを皆が回せるようになれば、と思います。


エネルギーをまわしていくと


不思議なことに実は手元に転がっていたチャンスや可能性を呼び込むようになります。



今、とどこおっていたエネルギーをまわし、

自然体で楽に自分を生きようと思えます。



バッチフラワーはその為の導きをしてくれます。

皆さんもせっかくの愛する自分ですからエネルギーをまわして、

無限の可能性を引き寄せましょう。



それが責任を持って自分を生きることにもつながると思っております。



これが私の経験からくる思いです。

自分もいまだ導かれている途中ですが…





長い文を読んでいただいて、ありがとうございました。







2013年04月12日
「ご縁お茶会」は、少人数のお茶会でのご縁を大切に、
お気軽に参加していただけるお茶会です。
お互いに楽しくシェアして、何かを得ていただければ嬉しいです。

忙しい日常生活を振り返って、
頑張りすぎている時は、ふっと力を抜けるような、
心が疲れているときは、そっと持ち上げられるような、
ホッとくつろぐ癒しの時間になればと思っております。

飲んで癒す、植物療法の1つ=バッチフラワーエッセンスの
ワークもいたします。



日時:  5月18日(土) 15 : 00 ~ 17 : 00 

場所: 恵比寿カルフール(カフェ併設 10:00~17:00) Aルーム

    住所:150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-6-1
恵比寿MFビル 地下1F
    JR恵比寿駅 東口ロータリーより直進し右角、みずほ銀行向かい。
恵比寿MFビル地下1階。徒歩3分。
    東京メトロ 恵比寿駅 1番出口より、徒歩5分。
    http://ebisu-carrefour.com/  恵比寿カルフール→検索

金額:  \2,000
※当日現金でお支払い願います。1ドリンク注文願います。

申込み: 8名様まで
emelandgreen@yahoo.co.jp
080-6762-1369
松井みどり  
※メールアドレス&携帯電話番号をお願いします。


■バッチフラワーエッセンスとは:

1936年にイギリスのエドワード・バッチ博士が考案した、38種類の植物(1つは岩清水)からなる、飲んで癒す自然療法です。
心が自然で楽な自分に戻っていく、どなたでも何時でも安全に使えるシンプルなセルフケア・セラピーです。
自然界の小さなきれいなお花が、スゴイ力を持っている。
自分で気がついたネガティブ感情の部分に、38種類のそれぞれのお花の力が響き、ゆがみをとって、しかもその花のもつ美徳へと導いてくれます。



■今の時代、

毎日忙しいし、情報量が多すぎて、何が自分にとって最適なの?
人や環境に対応しづらい不安がある~

って、本来の自分や、心の豊かさを見失っている状態なんですね

本来の自分を見失っていると、
~ いつも忙しく緊張感があるけど何か違う、目の前にやることはあっても気が進まない ~ 
などと心が楽ではありません。

例えばこんな状態ありませんか?

いつも焦ってる
周りと比べてしまい自信を失っている
イライラして子供にあたってしまい自己嫌悪
なんで自分ばかりやらなければならないの
やるべきことはあっても、だるく面倒くさい
疲れきっているけど休めない
葛藤があり混乱している
依存している人や物がある
行き詰まりを感じている
先の見えない不安がある
うまくいっても満足感がない
忙しさの先にある目標がわからない
大勢の前で緊張してしまう
ここ一番の時、うまくできるか心配
試験前の不安感
自然の安らぎがほしい

…そんな心の状態をわかってあげて癒していくと、穏やかにエネルギーが湧き、
かたかった心がホッと癒されて、自然で楽な自分に戻っていく。
自分で気づいたネガティブな感情を1つ1つ癒し、玉葱の皮を剥くようにはがして本来の自分に戻っていくのです。
そうして常にプラスを入れる余地をつくっておくことも大事なのです。


【講師:松井みどり】

日本バッチフラワー協会認定講師・セラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、臼井式レイキマスター、NPO法人セルフカウンセリング普及協会認定メンタルケア・アドバイザー、TCカラーセラピスト。

【自己紹介】

私自身に、ずっと感情・行動・言葉を押し込んでいた長くて苦しい子供時代がありました。
自分を発信することはもちろん、素直に喜びも表せない、毎日頭痛のある子供でした。
子供時代の記憶はあまりなく、学生時代もコミュニケーションが苦手なまま、自分の感情に向き合うこともせず、自分が良くわからないまま過ごしていたと思います。

結婚後、新しい親戚との間で又、強制・強引さに自分を曲げる関係性があり、昔のように異常に嫌な気持ちが沸いて、過敏に反応してしまう自分がいて、そのストレスが溜まっていったのだと思います。
バセドウ病をひどく患い、30代は寝たり起きたりしながらやっとやっと、頼るところのない育児生活でした。
閉塞感でいっぱい、心も体も病んでいました。
心から笑うことはできませんでした。

回復期からずっと自然療法を模索し続けていましたが、なぜか数年前にバッチフラワーエッセンスにひかれ、飲んで気持ちを癒していくうちに、心の問題を押し込んできたり我慢していたことで爆発した、体からのメッセージだったんだなあと気づきました。
何より心を傷つけていると、体も傷つけていることになると実感しました。

まずは自分への癒しが大切、そして、自分が変わっていくと周りも変わっていきます。
自分が周りの世界を作っている。
良くも悪くも自分が周りに影響を与えていて、それが自分にかえってくるのですね。
今では、感情と戦わず、無視せず、押し込めず、お花のエッセンスの力を借りて調和し、自然と楽で楽しいと自分が思える方向に向かっています。

そんな私の経験から、閉塞感を感じていたり、感情を無視したり押し込めたりしていたら、そんな自分の大事な心を見つめて、ゆっくりはがして本来の自分に戻る、ご自分への癒しのお手伝いができればと思っております。






2013年03月14日
ブログにも書きましたが、
バッチフラワーエッセンスをしている理由をお伝えします。


私は学校卒業後、自由を得て色々?やってきましたが‥

フラワーエッセンスを飲んでいくうちに、
バラバラな点だと感じていたのが、
実はちゃんと線になっていたのだなと気づきました。
しかもちゃんとその順番でよかったのです。

あの点やこの点が、自然・調和という線に全部つながっている、食や五感、心などで。

そして線の根底には、子供の頃かなわなかった自由と愛を求めている。

調和には色々‥

自分自身の魂との調和、
プラスとマイナスの調和、
自分の五感を使った調和、
自分と周りの人や環境との調和、
人間の体の完璧なしくみと調和、
人間界と自然界との調和、
この世界・地球・宇宙との調和‥

そう考えると、全てが尊い。
自分も人も宇宙も元は同じでシンプル、繋がっている。

全てはハーモニー、バランス。
自分が良いエネルギーで回せば、周りからも良いエネルギーが返ってくる。

でも心に無理をする必要はない。

人間だからこそ複雑に悩みもし、
常に良いエネルギーだけなんて出せませんよね。
少し視野を広げれば、周りにもきっと助けがあるでしょう。


ほんとは子供の時からずっと、自然体で自分のこころを自由にしておきたかった。
自由に表現したかった。
愛が欲しかった。

そんな心を置き去りにしていました。


私自身に、ずっと感情・行動・言葉を押し込んで押し込んで、
破裂しそうだったり常にビクビクしていた、
心の逃げ場のない苦しい長い子供時代があり、

自分を出すことや、素直に喜ぶこと、コミュニケーションをとることが出来ないままでいました。

子供時代の記憶はあまりなく、学生時代も自分の感情に向き合うこともせずに自分が良くわからないまま過ごしていたと思います。

記憶のない中でも、部活や短大の数少ない友人のことは覚えています。
その部分はきっと楽しかったんだと思います。

会社時代は、それなりに表現できるように努力していましたし、
やっと居場所ができたようでした。

その後、結婚後の新しい親戚関係での強制・強引さに、
又以前を思い出し、自分を曲げ我慢することが、
多分他の人より過敏に異常なほど嫌でストレスに感じ、溜まっていったのだと思います。

その頃、バセドウ病をひどく患い副作用もあり、30代はずっと呼吸が苦しく歩くのも声を出すのもやっと。
でも見た目はそう見えないので、分かってもらえない。
自分自身が寝たり起きたりしながらの、育児。
主人はずっと夜中帰宅。
頼れるところもない、アレルギーに浸った痺れる手足での育児生活でした。
心もトゲトゲし続けていました。

いくらか回復してからは、
自然療法を色々と模索し続けてきました。

そして、なぜか数年前にバッチフラワーエッセンスにひかれたんです。

飲んで気持ちを癒していくうちに、
心の問題を押し込んできたり我慢していたことで爆発した、
体からのメッセージだったんだなあと気づくようになりました。

何より心を傷つけていると、体も傷つけていることになると実感しました。

又自分が変わらないと、自分の周りも変わりません。
自分が変われば、良くも悪くも自分が周りに影響を与えていくと分かりました。

ですから、
今では、感情と戦わず、無視せず、押し込めず、
お花のエッセンスの力を借りて調和し、自然と楽で楽しいと自分が思える方向に向かっています。


そんな経験から、

皆さんにも感情を押し込めないで、ゆっくりはがして本来の自分に戻る、
ご自分への癒しのお手伝いができればと思っているのです。

自分一人だけでなく、心強い味方、植物の力-バッチフラワーエッセンスを借りて。
その上シンプルでいつでも誰でも手軽に使える良さがあります。


■バッチフラワーエッセンスとは:
1936年にイギリスのエドワード・バッチ博士が考案した、38種類の植物(1つは岩清水)からなる、飲んで癒す自然療法です。
心が自然で楽な自分に戻っていく、どなたでも安全に使えるセラピーです。

2013年03月08日
フラワーレメディはある程度知ってはいたけど、セッションを受けるのはこれが初めてで。

色々お話ししながら、フラワーカード等で組み合わせる内容を選びながら、

自然と自分の苦手な部分に入って向き合っていく感じ。

それが一人での自問自答でぐるぐるするのでなく、

別の人と一緒になって向き合っていく事が出来るので、

そういう意味では自分だけでお店でレメディを選ぶより、

客観的に見てもらうと言うところでも心強いし安心できます。

お話ししてて、けっこう過去のトラウマや心の傷を引きずってたんだなと…orz

これもまた、自分が前進するためのアクションだなぁ…。

本当にありがとうございました☆
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス